千葉の美容外科で見た目を変えよう|コンプレックスとさようなら

婦人
  1. ホーム
  2. それぞれの施術方法

それぞれの施術方法

鏡を見る人

美容外科治療で最も手軽に受けられるのが目の整形です。プチ整形の枠になるので費用も段違いで安いのが大きな魅力です。二重にした後は自分でラインを作る必要がなくなるので、朝のメイク時間を短縮できます。目自体がぱっちりと大きくなりますから、余計なアイメイクもいらないでしょう。二重施術に使用される埋没法は千葉のリピーターさんからも非常に人気で、理想の形をナチュラルに仕上げられる魔法の施術と称賛されています。髪の毛よりも細い医療用の糸を利用し、瞼の裏にある筋肉と皮膚を留めるという安全で簡単なやり方です。術前に麻酔をするので、痛みを感じることはなく切開していないので麻酔が切れた後の痛みはそこまで強くありません。施術時間はわずか10分足らずで、長くても30分です。手術当日からシャワーや軽いメイクが可能で、切開法よりもたくさんのメリットがあります。一方、二重切開法の場合、瞼をメスで切り縫い合わせていくというオーソドックスな美容外科治療です。くっきりした二重になるので外国人のような容姿にあこがれる人だとなおいいでしょう。戻らない二重として人気があり、埋没法を経て切開するケースが多いです。より目を大きくするなら目頭切開がおすすめです。ヒダと目頭にかけてある上瞼の皮膚を切開し、目を幅を広げるというものです。効果としては離れ目を近づけさせられることでしょうか。目を一回り大きくできるので華やかな容姿に大変身です。目の整形をするついでに鼻を直す方もいます。例えば鼻筋の通った鼻にするならシリコンプロテーゼを挿入し、団子鼻を解消できます。逆に大きな鼻は小鼻縮小でこじんまりな仕上がりにできます。余分な脂肪がなくなるので全体的にすっきりした印象になるでしょう。豚鼻で悩んでいる人は、鼻中隔延長というやり方で鎖骨の小ささをカバーできます。スッと通った鼻筋になる他、鼻の穴も目立ちにくくなり一石二鳥です。余分な骨を削ることで顔全体をシャープにしたり小顔にしたりできる骨削りも千葉の美容外科で非常に人気があります。顎が長く、面長に見える人に向いているでしょう。顎の中心部にある骨を切除し、左右にある骨をつなぎ合わせる方法ですがダウンタイムが非常に長く完全復活まで時間がかかります。さらに前に出ている頬骨をカットした後に内側へ寄せるだけでモデルや女優さんのような美しいフェイスラインにできます。

最近人気が出ている豊胸手術は千葉の美容外科でも受けたいとやってくる患者さんが多いです。年齢層も幅広く下は20歳から上は70歳までと年齢関係なく胸に悩む人が多いのが現状です。豊胸に使われる術式にプロテーゼがありますが、2カップ以上大きくしたい時に最適でしょう。形や大きさはいくつか用意されているので、褒められる美しいバストにするチャンスです。より手軽にバストアップするなら脂肪注入も見逃せません。脂肪がたっぷりついている太ももやお腹から吸引し、良質な脂肪を選定した後豊胸に使うというものです。自前の脂肪なので不自然な仕上がりになりませんし、触り心地も本物の胸同様です。脂肪吸引をしながら豊胸施術をするという組み合わせもありでしょう。千葉で行われている脂肪吸引は医療用の細いカニューレを体内に侵入させ、余分な脂肪を吸引するというものです。脂肪細胞へ直接効いてくるため、どんなに食べても太りにくくなります。ただダウンタイムが長くなるのでより負担をなくすには脂肪溶解注射がいいです。2、3ヵ月かけてじっくりと痩せるので周りの人にばれることなく痩せられます。